メニュー

香水の使い方

香りはさまざまなメッセージを伝える
コミュニケーションツール。
ファッションと同様に、
自分の魅力や理想のイメージを
表現することができます。
シーンや用途に合わせて香りをセレクトし、
よりエレガントで印象的に。

How to Apply Perfume ~ 基本の使い方 ~

  • 香りをつける前に

    香りは肌にまとうもの。
    香りを十分に楽しむには、
    香りをつける前に、
    シャワーを浴びるなど、
    素肌を清潔にしましょう。

  • 香りと温度の関係

    香りは、体温で温められ、
    肌の匂いと重なりその人だけの
    個性ある香りになります。
    季節や天候によっても
    香り方が異なる
    とてもデリケートなものです。

  • つける香りの量

    セルジュ・ルタンスの香りは、
    直接手に取り肌につける方法と、
    スプレーで楽しむ方法が選べます。
    つける量は
    直接手に取るタイプで1~2滴。
    スプレータイプで1~2プッシュ。

  • 香りをつける場所

    • 腕や脚の内側
      体温も高く、動いたときに香りが
      周囲に程よく広がります。
    • ひざの内側や足首
      歩くたびに香りが下から上へ
      優しく立ちます。
  • おすすめしない場所

    • 首、デコルテ
      直射日光のあたる部分は
      避けた方がよいでしょう。
    • おでこ、わきの下
      汗をかきやすい場所も
      避けた方がよいでしょう。
  • 香りをつけるタイミング

    香りは時間の経過と共に豊かに
    落ち着きます。
    外出前につけて人に会うときには
    自然に優しく香らせる
    タイミングをみはからって。

  • いろいろな香りの楽しみ方

    肌に直接つけたくない場合は
    シミになりにくい色の濃い服の裏地や
    ブランドタグ、洗濯表示タグなどに。
    扇子やハンカチーフなどの小物に
    香りをつけても楽しめます。

  • TPOに応じた心配り

    香りの感じ方は人それぞれです。
    多くの人と長時間過ごす場合や
    レストラン等では強い香りは
    避けましょう。
    ウエストより下につければ、
    お食事の邪魔をしません。

  • つけてはいけないもの

    • 衣類やアクセサリー類
    • 靴やバッグなどの革製品
      フレグランスに含まれる
      アルコール分が素材にダメージを
      与えてしまう可能性があるので
      ご注意ください。

How to Preserve Perfume ~ 保存方法 ~

  • 使い終わったら、キャップをきちんと閉めてください。
  • 四季を通じて温度変化の少ない、暗い場所で保管してください。
  • 直射日光のあたる場所や、高温になる場所に置かないでください。
  • 開栓したら、できるだけ早く使いきってください。