MORE STORY

2017.

COLLECTION NOIR

Un bois vanille/バニラの木

バニラの魅力をこの世で初めて発見した
アステカ帝国。
その華麗なる繁栄と終焉に想いを馳せた、
芳醇で神秘的なバニラの魅了。
純粋にして高貴。豊かに甘く、かつウッディな香り。
不純物を含まないメキシコ産のブラックバニラ。

1519年アステカ帝国に上陸した
スペインのコルテスは、
泡状になった飲み物と出合い
その魅力の虜になってしまいました。
この飲み物はバニラとココアと
香辛料をブレンドしたものでした。
アステカ族の皇帝モンテスマ2世は
この飲み物を黄金の杯に注いでいたという記述は
この国が黄金に恵まれた
地であることを指しています。

Un bois vanille

セルジュ・ルタンスの「アンボワバニール」は
“財宝のように尊いバニラ”
という解釈から創り上げられています。

ただ甘いだけではなく、
白檀(サンダルウッド)を用いることで
上質でミステリアスなイメージに。
ウッディノートはルタンスの得意とするところ。
白檀は高貴なものとして扱われています。